節水

水資源投入量及びその低減対策

工機ホールディングスグループは、生産設備の集約化、配管からの漏水対策をはじめ、工場排水の循環再利用などで、限りある水資源の有効活用に努めています。
2017年度は、国内、海外工場合計で2005年度比37%低減しました。
海外工場の(Hikoki (Malaysia) Sdn. Bhd.)において、地下配管の老朽化による漏水があり大幅に水使用量が増加しましたが、現在、計画的に改修を進め、ほぼ改修が完了しています。
今後も継続して水使用量の低減に取り組んでいきます。

国内工場水使用量グラフ
海外工場水使用量グラフ

排水処理室放流水の再利用

佐和工場では、排水処理室から下水道へ放流している放流水を第2工場トイレの水洗水として再利用しています。

佐和工場排水系統図