ESGとSDGsの取り組み

ESGの取り組み

工機ホールディングスグループは、「優れた技術・製品・サービスを通じて社会に貢献する」という企業理念に基づき、ESG (環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字)に配慮した経営・事業戦略を着実に実行し、 社会と価値を共有する真のグローバル企業をめざしています。

EGS(環境/社会/ガバナンス)概念図イラスト

SDGsへの取り組み

SDGsとは、150を超える国連加盟国の合意による、持続可能な開発目標です。
SDGsでは人間、地球及び繁栄のための行動計画として、2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲットが設定されており、政府・企業・市民社会に全世界的な行動を要請しています。
当社ではこのSDGsを踏まえ、CSR活動に取り組んでいます。

SDGsへの取り組み

(1)貧困撲滅
(2)飢餓撲滅、食料安全確保、持続可能な農業を推進
(3)健康と福祉
(4)質の高い教育を提供
(5)ジェンダー平等の実現
(6)水と衛生への持続可能な管理
(7)持続可能なエネルギーへのアクセスを確保
(8)包摂的で持続可能な経済成長、安全雇用
(9)強靭なインフラ、持続可能な産業化、技術革新の拡大
(10)国内と国家間の不平等を是正
(11)持続可能なまちづくり
(12)持続可能な消費と生産を確保
(13)気候変動への対策
(14)海洋と海洋資源の保全・持続可能な利用
(15)陸上生態系の保護、森林管理、砂漠化への対処、生物多様性損失の阻止
(16)平和で包摂的な社会の推進
(17)持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する